ページの最後に《朗読》をアップしていきます(少しずつ録音しています)

《いとうせいこうさん、推薦! 》
「心」のなかった古代にまで飛んでゆく少年少女たちの冒険。
エンデが読んだらきっと喜んだだろう。
私たちエンデの子供たちも、読めばそのわけがよくわかる。

————————————–

《著者初となるファンタジー小説!》

小学五年生のたつきは、ある日、迷い込んだ町で「見捨てられた店」という不思議な骨とう店を見つける。
そこで手にした「オラクル・ボーン」(魔法のほね)は、3300年以上前の古代文字が刻まれた、未来を予知するものだった!

祖父の助けを借りながら読み解くうちに、そこには、生贄にされる羌族(きょうぞく)のことが記されているとわかる。

たつきは友だちふたりとともに、古代中国へタイムスリップ!
三人は力を合わせて羌族の人たちを助けようとするが……。

————————————–

不安になるということは、何かを変えなければならないというメッセージなんだ。
死にたくなるほど不安になるということは、それだけ大きな変化がこれから起こるという予兆なんだよ。

〈人一倍弱虫だった少年が、試練を克服することで強くなる〉

イラスト:中川学

————————————–

(四六判並製/224頁)¥1,760

●亜紀書房

●Amazon

————————————–

《朗読》

朗読:榊原有美、安田登
音楽:ヲノサトル イラスト:中川学

●1章(上) youtu.be/NleiDX-3iN0
●1章(下)
youtu.be/dXaKwDlEsEo

●2章(上) youtu.be/94HWyCaw-iw
●2章(下)
youtu.be/rkDg7hVoAVc

●3章 数字の解読(NEW) youtu.be/q9Pba4kLYuQ